FC2ブログ
comヒロ日記
体験談やネタなどを、ほぼ毎日更新!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金剛を打ってみたいと思ったことはないけど。
最近、ヤンマガで連載中の「喧嘩商売」という漫画にハマっている自分がいる。




マンガを描いているのは木多康昭という人で、かつて週刊少年ジャンプに
「幕張」という野球マンガ←(実際は野球の話はほぼ出てない)を連載していた。
編集者や他の連載作家の痴態を暴露したり、自らの性に対する無駄なまでに
熱い思いをストーリーの基軸にしていた。←(恨みも買っていた)


「幕張」全9巻。むろん、オイラは全て所有している。



その後集英社を捨てた氏は、意外にも講談社の門を叩く。
週刊少年マガジンにて「泣くようぐいす」という野球マンガを連載するのだが、
これは前述の「幕張」よりは野球というジャンルに入りこむくらいには設定を
捨てなかった。むしろオイラには野球寄りのストーリーのほうが面白かった。


・・・しかし、


木多康昭という人はどうも地元ネタや他人をネタに笑いをとることにかなりの
執着をっているようで、しばしば大筋のストーリーから脱線する傾向が強く、
結局「泣くようぐいす」も最後には9巻に及ぶ主線のストーリーが主人公の
「夢」であったという、まさかの夢オチで終わらせてしまったのである。


「泣くようぐいす」全9巻。当然のように、オイラは全て所有している。




そして「うぐいす」の連載が終了してから2年後、同週刊少年マガジンにて
「平成義民伝説 代表人」を連載開始。
元・スマップの森君をモチーフにした(かなり本人ぽい)主人公という設定で
あったのだが、おそらくアチラ側の猛烈な抗議によって変更を余儀なくされ、
1年間ので2巻という猛スピードで連載は終了してしまった。(打ち切り)

「平成義民伝説 代表人」全2巻。

↑相当に少なかった発行部数がアダとなり、所有できていない。無念。






そして「平成義民伝説 代表人」終了から約3年間・・・消息を絶っていた木多氏が

ついに動いた。






それが「喧嘩商売」である。

喧嘩を主体とした、格闘技の本質を独自の視点で鋭く切った氏の渾身の作品だ。

主人公の「佐藤十兵衛」が繰り広げる喧嘩スタイルは、いままでの格闘マンガとは
少し違って、「勝てば官軍」的な描き方で話は進む。

そして、様々な格闘技の種類が出ることも魅力の一つだ。


柔道

剣道(真剣も含む)

空手

古武術

日本拳法

プロレス

ボクシング

少林寺拳法

合気道      などなど・・・








そんな多種格闘技を盛り込んだストーリーだが、まとまりが無いわけではない。
テーマ(?)として、単行本の巻頭にて雑誌にはない描きおろしのショート
ストーリーを毎回詠っている。



「最強の格闘技は何か?

  今・・・・現在 最強の格闘技は決まっていない」



この一言に心を動かされない男子(若しくは女子)は、いないと思う。

誰もが強さを誇示し、証明したい衝動にかられる時代がある。



そして、この主人公が立っている現在の位置が


まさに「最強への道」なのだ!!


「喧嘩商売」現在、最新13巻発売中。


無論・・・全巻所有しています。















・・・とは言えね、所詮は木多康昭の漫画ですからね。


単行本の約6割がギャグ&エロで溢れているんですわ、これが。





面 白 い の な ん の っ て 。




いい意味でも、悪い意味でも「マンガだな~」って思える数少ないマンガ。

マジメにとらえて読むか、ギャグと一蹴するか、好きなように読めば良い!



とにかく、オイラにとってはオススメできるマンガなのだ!



















・・・ってね。





ここまで熱く語っておいて、何故急にマンガの紹介なんかしたんだろうと
考えてみたが、特に意味はなかった。 


というか、ただ単にオイラが木多信者であることを暴露しただけですな。


あ~、平和だ。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://comhiro.blog20.fc2.com/tb.php/909-8f0039f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。